霊園について

  • 霊園について
  • ご葬儀の流れについて
  • お墓の種類
  • 御霊祭
  • 園内マップ
  • 御霊祭
ご挨拶
この度、私の祖父である荘内神社第9代宮司故石原三郎氏のご家族より、霊峰金峯山を望む豊かな緑に囲まれた土地をご奉納いただきました。
当地では、旧藩主を始め、神道の方が多数おられますが、神道専用の墓地が大変不足しております。崇敬者の皆様より長年に渡り神道墓地を望む声がよせられておりました。
そこで、神社本庁よりご指導を賜り、平成26年2月26日鶴岡市より墓地・埋葬等に関わる法律第102項の規定により許可され、神道墓地を造成する運びとなりました。
4月28日地鎮祭を奉仕し、5月より工事に入り、今秋完成致しました。
神道とは森羅万象を敬う日本古来の心のよりどころを教えとしたもので、霊園も神職が奉仕する以外は一般墓地と何ら変わりありません。 難しい決まりはなく、生前のお名前をそのまま命名(みことめい)と致します。 人にはさまざまな節目があり、人生儀礼と言います。 初宮参り・七五三のように神様の前で行い、その最後の儀式が神葬祭という、神道式の御葬儀です。 以前の宗教に関わりなく、どなたでもご利用いただけます。 大切なご先祖様の安息の場所となるよう、心を込めてご奉仕申し上げます。
大切なご先祖様の安息の場所となるよう、心を込めてご奉仕申し上げます。

荘内神社 宮司 石原 純一
概要

事業主:宗教法人荘内神社
包括団体:神社本庁
総面積:6659.40㎡
宗教:神道(以前の宗教を問いません)
完成(予定):平成26年9月下旬

ページのトップへ