ご葬儀の流れ

  • 霊園について
  • ご葬儀の流れについて
  • お墓の種類
  • 御霊祭
  • 園内マップ
  • 御霊祭
ご葬儀の流れについて

神道式で行うご葬儀の流れをご説明致します。
※順序には地域制があります。ここでは鶴岡で行われている一般的な流れを標記しております。
お亡くなりになったというご連絡をいただきます。

荘内神社ご葬儀概要
枕直し

死者に対する最初の儀礼。
故人を偲びつつ、葬儀の準備を整える儀式で、日程などを決めます。

日供祭

亡くなられた次の日からご葬儀が終わるまで毎朝行います。
朝食をお供えし、喪主を始め、家族親族が拝礼を行い、個人を敬い、もてなす儀式です。

遷霊祭

ご遺体の御霊を霊璽(れいじ・・・仏教で言うお位牌。御霊代〈みたましろ〉とも言います)
にお遷しをします。
神道では人が亡くなると、遺体は墓地に埋葬されますが、その方の御霊(魂)は霊璽に遷し留め、
守り神となると考えられています。

発柩祭

ご遺体を棺に納めると柩になります。懐かしい家を出発する前に行う儀式です。

火葬祭

ご遺体を火葬する前に行う儀式。

通夜祭

夜を通して故人を偲び、これまでの感謝を伝えます。

葬場祭

通称 告別式です。故人とゆかりのある方々にお越しいただき、最後のお別れをしていただきます。

十日祭

仏教でいう七日法要。葬場祭終了後引き続き行います。

帰家祭(後日祭)

ご葬儀が終わり、喪主を始めご家族等が帰家後、儀式が滞りなく終了したことを奉告する儀式。

御霊祭

ご葬儀後、仏教で言う法事のことを御霊祭(みたままつり)と言い、節目の日・年には神事を行います。

ご葬儀についての詳細

ページのトップへ