婚礼レポート わたしたちのふるさと婚

森石ご夫妻の場合
*出身地/夫・・・神奈川県横浜市、妻・・・山形県鶴岡市
*在住地/東京都
*挙式日/平成24年5月1日
*参列者/親族のみ約20名
*披露宴/レストランパーティ
*写真前撮り/なし
*テーマ/アットホーム婚

昔から結婚式への夢や強い想いがあったという薫さん。「日本古来の方法で、自宅で花嫁支度をして家族や近所のみんなに感謝の気持ちを伝えて、厳かに挙式に臨みたい。そしてこれから家族になる夫礼恩さんや夫側の親族に自分の育った鶴岡を見て欲しかったんです。」
その想いを受け形にしてくれた、荘内神社の挙式担当者の石原さんとの出会いが荘内神社を選んだ一番の決め手だったそうです。
神前結婚式の後は、レストランでのパーティを予定していたお二人。「東京在住の私たちに代わり石原さんがパーティ会場との連絡や打ち合わせの橋渡し役となり挙式準備だけでなく全体のサポートをしてくれました。」と薫さん。
メールでの細やかな打ち合わせを経て、挙式当日。
天気にも恵まれ、境内の葉桜が青々と美しい風景の中、厳かでお二人の想いが詰まった式が執り行われました。両家親族に見守られ、愛する故郷での誓いができたことに大感激だったそうです。
式の後のレストランパーティはアットホームな雰囲気で進み、夫礼恩さんと夫側の親族は鶴岡の旬の料理にも大満足だったそうです。
「理想通りの純和風の式にアットホームなパーティができて感激もひとしおでした。」と笑顔の薫さん。
ご結婚後もお子様のお宮参りに訪れたりと、荘内神社は森石さんご夫妻にとって、これからの人生に寄り添う大切な場所となったようです。